SpotTourについて
SpotTourには、魅力的な場所をつないだツアーがたくさん集まっています。
アプリの案内で、気軽にツアーに参加できます。
※スポットツアーは、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が実施するオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2018」の最終選考で採択されました。
2019年7月より東京メトロとの実証実験の第一弾として「駅から始まるさんぽ道」飯田橋駅・千駄木駅・西葛西駅の3ツアーを提供開始し、10月より新宿御苑前駅、秋葉原駅、明治神宮前<原宿>駅の3ツアーを追加しています。
「SpotTour」は、無料でプラットフォームを提供しています。
「SpotTour」は、無料でプラットフォームを提供しています。
Web管理画面でクラウドガイドとしてツアーを作成すると、アプリで無人観光のツアーを配信できます。
プラットフォームは、初期費用0円・月額費用0円で利用できます。配信できるツアー数も無制限です。
※現在は、法人が対象になります(発表内容はこちら)。
>資料請求はこちら
>アカウントの発行申請はこちら
ツアー紹介
東京メトロ「駅から始まるさんぽ道」
沿線の街の魅力を発見する散策型スタンプラリーを開催しています。
東京メトロの駅員が「ぜひ、オススメしたい!」と厳選した街の魅力を近年人気のウォーキングの要素を加えながらご紹介します。
日本郵便「郵便局長おススメツアー!」
地域に根差した郵便局が持っている特産品店などの情報を、スポットツアーのルートとして提供することで、観光客の誘致をはじめとして、地域の活性化に寄与することを目指します。熊本西子飼商店街の映像は郵便局長が制作しました。アプリはYoutubeに対応しています。地元の様子がとても伝わります!
多数の自治体と連携
様々な地域の観光情報と連携して、日本全国で持続可能な観光整備の実現をしていきます。各地には、まだまだ知られていない魅力的な場所がたくさんあります。おひとりでも参加できる気軽な観光から知る人ぞ知るスポットなど、楽しい情報が満載です!
コンセプトムービー
SpotTourの特徴
デジタルツアーポータルアプリ
じっくり巡りたい人、短い時間で巡りたい人、どんな人も楽しめるツアーが集まっています。巡るスポットは各地の名所から隠れた名所まで様々。
アプリが案内してくれるツアー
ツアーのコースはアプリが案内!訪れたスポットでスタンプを集めながら一人でも気軽に楽しく参加できます。
豊富なスポット情報
スポット情報は、画像や動画などで紹介されています。そして、現地に行くとさらに詳しい情報が見られるようになります。(12言語対応)
ツアーの思い出を保存
ツアーで巡ったスポットの経路と時間を画像にして、思い出の写真と一緒にスマホに保存。SNSで簡単にシェアできます。
持続的な観光設備の実現
ツアーはクラウドガイドが準備し、主催者は観光客にツアーを案内します。
そして、観光客は気に入ったツアーに参加できます。
対応言語は、英語、日本語、中国語(簡体/繁体)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、
タイ語、カンボジア語、ベトナム語、ロシア語、スペイン語の12言語です。
お知らせ
アプリのダウンロードはこちら!
今すぐSpotTourのデジタル観光ツアーに参加して、魅力的なスポットを巡ってみましょう!
メッセージ
国や自治体の観光プロジェクトは予算ありきで実施されます。

つまり、予算がなければ、持続可能な観光整備が進まないのが現状です。
そして、従来の観光パンフレットのままでは、観光施策が後手になります。

各地には、その場所ならではの資源が、必ずあります。
四季×時刻でフォトジェニックする場所など、
企画次第で観光スポットを創出し、工夫次第で、若者を呼び込むこともできます。
しかし、予算不足で発信できないが現状です。
アプリを開発すれば数100万円が必要で、運用保守の費用もかかります。

この課題を解決する無料の観光プラットフォームとして「SpotTour」を開発しました。
「SpotTour」は、最新テクノロジーによる持続可能な観光整備を「無料」で利用できるプラットフォームです。

アプリで「無人観光(ツアー)」を提供し、日本各地の持続可能な観光整備をサポートするアプリです。
利用者は会員登録不要で無料で利用できます。

観光のデジタルトランスフォーメーション(DX)は、
観光ビッグデータを集積し、多くの手を打つことが可能になります。

また、「SpotTour」を利用することで、災害時、参加者に災害情報をプッシュ通知することができます。
無料の災害対策のアプリとしても期待されています。

「SpotTour」は観光情報の配信で地域寄付の仕組み(募金箱の難しさを解決)も実現できます。
得られた収益で観光資源の保全・活用に利用できます。

観光の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献するビジョンを果たすため、進めてまいります。

2020年2月 創業者 鳥居 暁